読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

悪いことの後の良いこと

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

今日も、記事を発信していきますよー。

よろしくお願い致します。

 

1.鍵をなくしてしまった

先日、私事で大変恐縮ですが、家の鍵を紛失していまいました。ちょうどその日は、私用で大阪に行っていまして、夜遅くの電車で京都の自宅に戻ったところ、カバンや洋服の中から鍵が見つかりませんでした。

 

僕の鍵は、お守りと鈴をつけていましたので、落としたとしてもわかるものであるため、滅多に紛失することはなかったのですが、ないと分かりとてもショックでした。

 

ただそれを引きずっていても仕方ないため、取りえずその日は、お風呂に入ることと、宿を探すことだけに集中し、近くの銭湯に入って、その後、友人に連絡しました。

 

2.それからの出来事

そして、連絡した友人の一人が格安のネットカフェを探してくれたので、そこに行こうと思って、タクシーを拾って、その場所に向かいました。

 

僕は、ネットカフェに向かう道中のタクシーの中で、運転手さんと会話していました。

 

運転手 「お兄さん、今晩泊まるところないの?」

 

私 「実は、鍵をなくしてしまってですね、、、、。」

 

運転手 「それは、かわいそうやなー。」

 

その後、ネットカフェに到着し、タクシーを降りるときに、運転手さんが、タクシー代を表示されている金額から、30%ほど割引きしてくれたのです。おそらく、僕を気遣ってのことでしょう。あまり、持ち合わせがなかった僕にとっては、非常に有難い話でした。

 

本当に助かりました。

 

僕はネットカフェにて、一晩過ごすことができました。

 

そして、次の日鍵は見つかりました。職場に置きっぱなしにしてたみたいですね。

 

3.悪い事の後には良い事がある

これは、ほんの些細な出来事でしたが、悪い事が起きてしまった場合、その出来事に囚われてしまうことってないでしょうか?

 

僕は、正直あります。

 

鍵をなくしてしまったことは、僕にとって、とてもショッックな出来事

 

ただ、そのショックな出来事を引きずってしまって、

 

その後に友人がネットカフェを見つけてくれたこと

 

また、タクシーの運転手さんが、タクシー代を割引してくれたこと

 

これらを良かった事として、解釈できなかったら、非常に勿体ないなと感じます。

 

そして、僕の経験上、悪いことが起こった後、良いことが起こっている。

 

ある悪い出来事に対して、感情を過剰に持ち込んだりせずに、

 

「こういう事実があったんだ」とだけ捉えることができれば、

 

その後に起こった良い出来事に対して、

 

「やったー(^ ^)」

 

「ラッキー(^ ^)」

 

と思えることができれば、今日も1日良かったという気持ちになるかもしれません。

 

悪い出来事を引きずり、今日は最悪だったと解釈することが「悲劇」であれば、

 

悪い出来事を、単なる事実として捉え、その後の良い出来事に気付けることが「喜劇」

 

起きてしまったことにくよくよせず、切り替えて前に進もう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。