悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

経験こそ価値

皆さん、こんばんは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

2017年も1ヶ月が達とうとしていますね。

まだまだ寒さは続きますが、今日も記事を発信していきますよー!

よろしくお願い致します。

 

1.自分の価値について

皆さんは、「自分の価値は何ですか?」「自分にしかないものは何ですか?」と言われたときに、答えることができますか?

 

これは、僕もそうなんですが、意外とすぐに答えることができない人もいるではないのでしょうか?

 

なぜならば、人は日頃から自分のことを見ようとしないからかもしれません。

 

自分のことは見えないけど、他人のことはつい見えてしまいますよね。

 

そして、その部分だけをみて比較していまいます。

 

比較して、劣っていると感じた場合、つい自分はダメだ、惨めだと思ってしまいます。

 

例えば、僕はリハビリテーションの仕事をしているのですが、僕の同僚の人が

 

自分よりも知識が豊富

 

自分よりも技術が上

 

自分よりも患者様や上司に信頼されている

 

となると、それで自分はダメなんだなと思ってしまいます。

 

そういうことが、人生の色んな場面で起こると、自分の価値がわからなくなってしまいます。

 

2.自分の経験について

僕は、今まで自分の価値というのは、

 

資格を持っている、

 

実績がある、

 

いい学校を出ている、

 

など肩書き的なものだと思っていました。

 

でも最近になってちょっと違うと思い始めました。

 

それは、自分の経験だなと。

 

何も、成功したという経験だけではありません。

 

僕なんかは、

 

職場を幾つも変わっている。

 

キリマンジャロに挑戦したけど、高山病にかかって、リタイヤした。

 

カフェ起業に携わったけど、うまくいかなかった。

 

こんな経験しかありませんが、でもその中で得たことはあります。

 

これが価値だと思います。

 

逆に言えば、

 

『ずっと、サラリーマンで同じ会社に10年以上勤めている。』

 

それも、大きな価値です。

 

3.経験をデザインする

僕もそういうときがありますが、

 

自分の経験について

 

これは、価値ではない

 

こんなことを価値だなんて言えない

 

と心のどこかで思っています。

 

最近では、どの経験が良くて、どの経験が悪い、なんていうのもないのかなと思います。

 

どんな経験でも、価値であり、それをデザインすること

f:id:getfuga370:20170130201841j:plain

 

これが大事だと感じています。

 

自分の経験を否定し、価値を失ってしまうことが『悲劇』であれば、

自分の経験を価値にして、生かしていくことが『喜劇』

 

経験をデザインし、価値として表現していこう。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。