悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

言ってみないとわからない

皆さん、こんばんは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

 

6月に入って、ジメジメした空気になりました。京都の方も梅雨入りしました。

 

ただ、ここ2~3日と天気がよくさほど暑くもないので、洗濯物を干したり、家の掃除をしたりするのに絶好の気候ですよね。

 

ところで、皆様は、はっきりと物をいうタイプでしょうか?

 

それとも、我慢したりするタイプでしょうか?

 

私は、どちらかというと後者のほうですね。

 

何で言いたいことを言えないというと、

 

「これを言ったら相手は◯◯なことを思うのではないか?」

 

「これを言ったら、絶対に嫌われるのではないか?」

 

「これを言ったら、相手は傷つくのではないのか?」

f:id:getfuga370:20170612234815j:plain

そんなことを気にして、我慢して何も言わないことが多かったです。

 

会議のときに、あまり意見を言わない。

 

相手から何か要求や、依頼ごとをされたときに、つい「はい。」と言ってしまう。

 

素直であることは大切ですが、素直と、言いたいことを言わないのは全く別ですもんね

 

逆に、何も言わないことの方が、相手を支配してしまい、逆に気を使わせてしまって、悪影響を及ぼしてしまう。

 

だから、最近の僕は言いたい事をはっきり言うようにしています。

 

相手がどう反応するのか?

 

それは相手注意を向けている様で、実は自分に注意を向けている。

 

相手が悪い風に反応するのではないのか、、、

 

それは80%思い込みかもしれません。

 

言いたいことを我慢し、自分も相手も損してしまうことが『悲劇』であれば、

言いたいことはっきりと言って、お互いに前進することが『喜劇』

 

あることを「在る」ように表していこう。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。