悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

今、◯◯である

皆さん、こんばんは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

 

5月も残り2日となりましたね。明後日から6月。

 

6月から楽しいことが待っているかな( ^ω^ )

 

そんなことを考えています。

 

ところで、皆さんはこのように、

 

6月こそはいい月になる。

 

来年になったら、いい年になる。

 

国家試験に合格したら、所得も増えて豊かに暮らせる。

 

結婚したら幸せになる。

 

など、未来に対して期待することが多くあると思います。

f:id:getfuga370:20170530204816j:plain

でも、考えてみてください。

 

実際にそうなって、自分が期待した以上になったでしょうか?

 

私の場合、実をいうと、ほとんどそうなっていないことが多いです。

 

例えば、私は、理学療法士という資格をとるために3年間学校に行きました。

 

そこは、西日本では一番古い私立の専門学校で、卒業する確率が50%と厳しい学校でした。

 

座学だけでなく、実習もかなり厳しく、レポートがなかなか合格もらえなかったのを覚えています。

でも、僕はこれを乗り切って卒業し、国家試験に合格したら、悠々自適の生活が待っている。

 

大きな期待がありました。

 

でも、実際に国家試験に合格して、仕事し始めると、悠々自適どころではなく、社会人としての厳しさを知ることになります。

 

今考えるとは当たり前なのですが、、、、、。

 

逆に、全然期待していないことの方が、意外な成果を得られることが多いですけどね。

 

要は、何かというと、

 

先の未来に期待するのではなく、

 

今を生きることなのかなと最近感じています。

 

例えば、

 

『仕事変わったら、自由になれる。』ではなく、

『今の状態が自由である』

 

『引越ししたら、快適な生活が待っている』ではなく、『今、快適な状態である』

 

このように在り方をシフトすると、勝手に明るい未来も付いてくる。

 

このように思うのです。

f:id:getfuga370:20170530205002j:plain

未来に期待して今を疎かにすることが『悲劇』であれば

今を大事にして未来を引き寄せることが『喜劇』

 

今の自分は未来であるという在り方を作り出していこう。

 

そして、その自分で行動していこう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。