悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

人間は皆同じ

皆さん、こんばんは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

 

5月も後半になって物凄く暑くなってきましたね。

 

京都は最近、気温が30℃以上になって半袖でも充分でしたよね。

 

さて、変な質問をするようですが、皆さんは、自分は果たして『誰であるのか』に関して、明確な答えってありますか?

 

私は誰であるのか?

 

名前、職業、性別、年齢など

 

自分が誰であるかを表現する言葉は幾つかあります。

 

そして、相手が誰であるのか?

 

これも気になるところであり、それによって接し方も変わってくると思います。

 

例えば、肩書きなど、相手が東大出身者であったら、ちょっとこの人頭いいなーと思って、距離感を置いてしまうかもしれません。

 

また、儲かっている会社の社長であれば、少しビビってしまうかもしれません。

 

自分に対して劣等感を感じてしまうかもしれません。

 

でも、僕はある尊敬する経営者に教えていただいた言葉があります。

 

それは、

 

「人は、皆同じ不完全な人間なんだ。だから、自分に小さくする必要なんてないんだよ。」

 

f:id:getfuga370:20170525233535j:plain

この言葉を聞いて僕は自信が持てました。

 

例え自分がサラリーマンであっても、若くても、独身でも、関係無い。

 

皆、同じ人間である。

 

そう考えることで人とコミュニケーションをとるとき、自分に注意が向かなくなり、純粋に相手のことに興味が持てるようになります。

 

自分を小さくして、相手と分かち合うことができないことが『悲劇』であれば

自分を大きな人と承認し、相手に興味を持って接することが『喜劇』

 

人間は皆同じ不完全である。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。