悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

損切り万量

 

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

 

GWが終わってものすごく暑くなってきましたね。

 

今日は私は一日仕事でしたが、半袖で十分でした。

 

今日はお天気もよかったみたいですが、関西地方では、明日は下り坂になるみたいですね( ^ω^ )

 

さて、突然ですが、皆さんは『損切り万量』という言葉をご存知でしょうか?

 

f:id:getfuga370:20170508223503j:plain

 

よく株式の投資などでよく使われる言葉ですよね。

 

私は、株や投資などやったことはありませんが、この言葉は結構好きです。

 

僕の場合は、

 

一度はやってみたけど、やっぱり違うなとか

 

あっちとこっち両方とりたい、どっちもいいけど、どっちかしか選べないとき

 

よーし、思い切ってやめよう(^O^)/

 

こっちにしよう( ´ ▽ ` )ノ

 

昨日の記事の続きと似ていますが、決断するのは早い方がいいのです。

 

なぜならば、悩んでいても時間が勿体無いからです。

 

僕は、こう見えて、2年くらい前にある事に100万円近くのお金を使ってある事業をやったことがあります。

 

経験は儲かりましたが、お金の回収はできませんでした。

 

僅か半年程で辞めてしまったからですね。

 

でも、僕は辞めてよかったと思っています。

 

あの時、せっかくお金を投資したのに回収できないなんて勿体無い、だから何とか生かさないと

 

もし僕があのとき、その事業を続けていたらどうなっていたでしょうか?

 

正直な話、あまり良い姿を想像することはできませんでした。

 

今考えるとあの時、辞めてよかったと思いました。

 

あのとき『損切り万量』という言葉が僕を勇気付けてくれました。

 

ただ、あの事から学ばないといけないのは、

 

よく考えてから動く

 

人の言うことを鵜呑みにせず、自分のフレームで判断しよう

 

ですね。

 

損切り万量』

 

これも行動力を加速させる大きな言葉かもしれません。

 

一つの事に執着しすぎて、行動を妨げてしまうことが『悲劇』であれば

一歩でも早く損切りして次に進むことが『喜劇』

 

早く決断して次のステップに向かって行動していこう。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。