悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

久しぶりの4日間休み

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

3月になってもまだまだ、寒さが続きます。

私は先日の更新の後、インフルエンザになりまして、しばらく寝込んでいましたが、だいぶ回復してきました。( ^ω^ )

 

ですので、今日から、復活の意味を込めて、発信していきますよー。よろしくお願い致します。

 

1.久しぶりのインフルエンザ

冒頭でもお伝えしましたが、私はインフルエンザに罹ってしました。

インフルエンザに罹ったのは、高校三年生の大学受験、時期的にはセンター試験の2週間前ほどでした。

 

あの時も、受験前の高校の課外授業や塾での猛勉強で、プレッシャーがかかっていたときでした。

今回も、1日ゆっくりできるほどではないくらい、3月はほとんどスケジュールが入っており、研修があるときなんかは、0時帰りが続いていた中での、今回の発症でした。

 

やっぱり、いくら予防接種をしていたとしても、精神的なプレッシャーや、睡眠不足などの疲労が重なると、抵抗力が落ちるものですね。

 

2.インフルエンザで4日間の休み

インフルエンザにかかったのは、先週の土曜日の夜からでしたので、今日までは、自宅にて安静にしておかなくてはならない状況でした。

 

ですので、久しぶりの5日間休みとなりました。5連休なんて久しぶりです。

 

でも、仕事に関して、職場の方に多大な迷惑をかけてしまう~( ;´Д`)

 

どうしよう~((((;゚Д゚)))))))

 

パートさんに1日多く出勤してもらったり、僕がやるべき仕事をやってもらったりの事態に。

 

休むとっても、急な休みなので、心配になります。

 

しかし、考えても仕方ないと思う部分もあります。

 

自分の中の想像ですが、

 

これは、神様が休めといっているんだな。

 

黄色信号を出しているんだな。

 

と私は解釈しました。

 

だから、今はじっくりと体を休める時。

 

そう思って、体調を整えることだけに専念し、何もせず、ゆっくり休みました。

 

昨日までは、本当に何もしなかったですね。

 

そして、今日は、少し元気になったので、こうしてブログ書いたり、読書をしたりしました。

 

今日は、正月のときに、買ってあまり読んでいなかったちきりん著の『自分の時間を取り戻そう(ダイヤモンド社)』を読みました。

f:id:getfuga370:20170316172636j:plain

久しぶりゆっくりした時間が過ごせた僕にとって、ぴったしタイミングの合うタイトルの本でして、自分の時間を作るために、著者独自の視点で仕事の生産性を上げることについて書かれている、かなり面白い内容でした。

 

読書をすると新しいインプットが入ってきて、とても脳が快感になりますね( ^ω^ )

 

3.休むことも大事かも

僕は、普段から休んでいないわけではないのですが、今回のインフルエンザをきっかけに休むこともとても必要かなと思います。

 

休むことは、ただ家でゴロゴロしているだけってことではなくて、

 

読書をする

 

サイクリング、ジョギング、ゴルフなど、体を動かす

 

デートする

 

買い物に出掛ける

 

など、普段ではやらないことをやる

 

日々、計画の中で、『この日は絶対に予定を入れずに休むぞー。』と決める。

 

そうすることで、心と体のメリハリがつくのではないかと感じます。

 

楽しみができることで、仕事も勉強もより一層パワフルにできそうです。

 

休みをいれず、体を壊して休んでしまうことが『悲劇』であれば

普段から休みを入れて、心と体の健康のメリハリをつけることが『喜劇』

 

普段から生活にメリハリをつけて行動していこう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。