悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

立場が大事(私は◯◯な人)

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

3月になってもまだまだ、寒さが続きます。私は少し風邪気味で、多忙な日々を送っていますが、体調に負けず今日も情熱的に発信していきますよー。よろしくお願い致します。

 

1.立場をとる

皆さんは立場をとるということを考えたことはありますか?

 

私は最近、『立場』ということを凄く考えさせられます。仕事、セミナー、プライベートでも。

 

仕事では、理学療法士として勤務しているのですが、リハビリテーションの専門家という立場。

 

セミナーでは、リーダーシップのプログラムを受けているのですが、リーダーという立場。

 

プライベートでは、32歳、独身 男性(笑)という立場。

 

当然のことですが、それぞれ立場によって立ち振る舞いだったり、行動だったり、変わってきますよね。

 

もちろん、そんなことはわかっていると思うし、鼻っから「私は、立場をとっていない。」という人は少ないと思います。

 

2.自分を守る

でも最近、私が仕事でも、セミナーでも

 

「あなたは、立場をとっていませーん。」

 

と言われてしまいます。

 

ガーン(T_T)

 

直接的には言われないのですが、

 

例えば仕事で、リハビリテーションの専門家なのに、利用者様の転倒リスクのことをしっかりと伝えていなかったり、これは基本的な報連相の問題ですが、、、、、

 

セミナーでも、リーダーとして前に出ないといけないのに、つい控えてしまったり、、、、

 

これってどういうことだろうと考えた時

 

リスクを取らずに、自分を守っていたな。

 

と気付きました。

 

3.自分は◯◯な人

立場というと、責任という言葉が思い浮かぶと思います。

 

この言葉って、ものすごく重いですよね。

 

だから、立場があったとしても、つい逃げたくなってしまいます。

 

自分を守りたくなる。

 

これは、大なり小なり、誰しもが思うことでしょう。

 

でも、私が最近、取り入れている事として、

 

朝起きて

 

自分は◯◯な人

 

つまり、自分がどういう人であるのかを創作してから、その日を過ごすようにしていまう。

 

例えば、仕事であれば、

 

『今日は利用者を力付ける理学療法士でいこう。』

 

プライベートであれば、

 

『女性にモテる32歳独身男性でいこう。』

 

立場に自分がワクワクするような楽しみを加えて臨むと、責任ということもプレッシャーに感じずに行動することができています。

 

同じ、行動するでも、これをやるとやらないのでは全く違います。

f:id:getfuga370:20170311220418j:plain

私が、ブログを連載することに関して

 

ただ、100記事更新するだけだと、おそらく続かないでしょう。

 

でも、続けられているのは、

 

『私が悲劇を喜劇に変える人』であるから。

 

立場というのを、負担に感じてしまい、尻込みしてしまうことが『悲劇』であれば

立場というのをユニークに創作し、楽しみながら行動することが『喜劇』

 

『自分が◯◯な人』から行動していこう。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。