読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

失敗を許してあげよう

皆さん、こんばんは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

3月になりましたね。もうすぐ、桜が咲くころですが、まだまだ、寒さが続きます。今日もパッション、パッションで発信していきますよー。よろしくお願い致します。

 

1.失敗したとき

皆さんは、失敗したことはありますか?

 

僕は当然あります。仕事で失敗することが多いですね。

 

皆さんもおそらく、何かにチャレンジしたとき、失敗を経験すると思います。

 

でも、失敗したとき、どんな風に思うでしょうか?

 

例えば、

 

しまった。

 

取り返しのつかないことをしてしまった。

 

マジで、凹むわー。

 

こんな風に思ってしまうことでしょう。

f:id:getfuga370:20170309213423j:plain

それは、即ち

 

「自分はダメだ。」

 

といった解釈になりますよね。

 

他にもやるとコミットしてできなかったり、約束を守れなかったり

 

こういったときも「自分はダメだ。」って心の中で思ってしまうかもしれません。

 

2.自分はダメだということ

最近何となくわかったことですが、

 

何かで失敗したり、できなかったりして、『自分はダメだ』と思ってしまうと、

 

次々に失敗してまうことです。

 

自分はダメだと思ったとき

 

その時点で、やる気やパワーを失ってしまいます。

 

では、同じ失敗を繰り返さないためにどうしたらいいのでしょうか?

 

それは、

 

『失敗した』や『できかなかった』と『自分はダメだ』を切り離すことです。

 

『失敗した』と『できなかった』、それだけのことなのです。

 

意味をつける必要はないんです。

 

3.解釈を入れない

僕もそうなんですが、人は何かある出来事に関して意味をつけようとします。

 

でも、その意味、意味ないんだな、、、、、

 

意味をつけずに、『ただ事が起きたんだ』

 

そして、それを振り返って向き合い

 

次に進む

 

これを感情を入れずに区別できたら

 

失敗を恐れなくなる

 

自分のやりたいことがやれる

 

何でも挑戦できる

 

僕は、最近これをトレーニング中です。(笑)

 

失敗をダメだと解釈し、次々にパワーを失っていくことが悲劇であれば

ただ『失敗した』とし、次も果敢にチャレンジしていくことが喜劇

 

失敗を許して、積極的に生きていこう。

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。