読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

理由を越えて決断しよう

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

今日も、記事を発信していきますよー。

よろしくお願い致します。

 

1.何かを決断するとき

皆さんは、人生において、何か大きな決断をすることってありますよね?

 

例えば、

 

結婚するとき

 

引っ越しするとき

 

転職するとき

 

起業するとき

 

など、大きな決断がいることってあると思います。

 

では、決断するときって、何か理由があったりするでしょうか?

 

あるいは、何か周りの環境に影響されたりすることもあるでしょうか?

 

2.僕が転職を決断したとき

僕は去年転職(職場を変わる)という決断をしました。

 

そして、1月16日から職場が変わります。

 

でも、私はそれまで幾つもの大きな山場を乗り越えてきました。

 

その一つとして、今の職場で私が抜けた場合、次の内定者がいない状況がありました。

 

つまり、一人欠員状態で業務を行わなければなりませんでした。

 

もし、職員が誰も入ってこなかったら、転職の時期をずらさなければならないという危機まで陥っていました。

 

でも、僕は、コミット(約束)を変えませんでした。

 

『1月16日から職場を変わる』

 

そのために、

 

求人募集に関して、よい方法はないか上司に提案したり、

 

部署で連携を図るために、話し合いの場を作ったり、

 

他部署の管理者に事前のオリエンテーションを行ったり、

 

など、行いました。

 

だから、何とかコミット(約束)通りに転職の時期を迎えることができそうです。

 

そして、最近ではスタッフが僕の転職を応援してくださるようになり、大変感謝しています。

 

3.理由を超えて決断してみよう

何か決断するとき、必ずしも何か、阻害因子(壁)みたいなものが出てきます。

 

でも、本当に自分が何かしたいこと、そして何かしようとしていることがあるとき

 

その阻害因子の影響で、それができないとなったら、

 

それは、非常に勿体ないことです。

 

その阻害因子を超えてやってみる

 

やるとコミット(約束)し、それに向かって行動してみる。

 

そうすることで、やれる方法が見つかってくるし

 

現実そうなっていくと感じています。

f:id:getfuga370:20170109213049j:plain

理由によってできないと諦め決断してしまうことが『悲劇』であれば

理由を超えて決断し、前に向かって行動していくことが『喜劇』

 

理由はあるけれど、それでも『やります』と宣言してやってみよう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。