悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

可能性にフォーカスしてみよう

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

今日も、記事を発信していきますよー。

よろしくお願い致します。

 

⒈不可能だと思ってしまうこと

皆さんは、不可能を口に出してしまうことってないでしょうか。

 

僕も正直あります。

 

つい口癖で、

 

「ちょっと厳しいな、、、、」

 

「無理っぽいなあ、、、」

 

あるいは、他の誰かが何か提案をしたときに、

 

「でも、、、、」

 

「それは、ちょっと、、、、」

 

「そうは言っても、、、、、」

 

こんな言葉を使ってしまいます。

 

100%を考えるが故に、リスクを恐れるが故に、ついそんなことを思い言葉に発してしまいます。

2.女性に告白した時の出来事

僕は、以前、合コンで知り合った女性で気に入った人がいたので、思い切って食事に誘ってみました。

 

そして、予約したフランス料理の店で、非常に盛り上がったので、

 

「これは絶対に告白したら彼女にできるかもしれない。」

 

と思いました。

 

でも、そこに不安もありました。

 

「もし、だめだったらどうしよう。やっぱり無理じゃないかな。」

 

そんな独り言を発していました。

 

今でもそうですが、僕は恋愛に対して非常に奥手なタイプです。

 

特に、このときの僕はどのタイミングで「付き合ってください。」と言っていいのかよくわかりませんでした。

 

だから、このタイミングではないかもしれない。

 

でも、それは告白してみないとわからない。

 

そこで、僕は帰り道で思い切って告白してみました。

 

結果は、、、、、

 

「何よ、いきなりー!! もうちょっと、デートしてからにしてよ。」

 

オッケーをもらうことができませんでした。

 

それどころか、大きな恥をかきました。

 

3.行動することで可能性が開けてくる

 

このとき、告白に失敗してしまった僕ですが、

 

一方で、大きな収穫を得ました。

 

付き合うためには、デートを積み重ねることが必要なんだな。

 

もし、あのとき、思い切って告白していなかったら、このことはわからなかったでしょう。

 

それどころかタイミングを逃して、告白できずに終わってしまっていたのかもしれません。

 

分かりやすく整理すると、

 

一度女性に告白してみないと、女性と付き合える可能性が開けてこないということなのです。

 

フラれるかもしれないと不可能にばかりフォーカスしてしまい何も行動しなかったら、

 

一生好きな女性と付き合えないということです。

 

これは、仕事にも言えることかもしれません。

 

会社全体や部門がいろんな問題に直面したときに、今までのやり方を変えなければならないことがあるとします。

 

そんなときに、様々な提案に対して「それは難しい」と不可能ばかりにフォーカスしていては、そこから何も生まれません。

 

ちょっとでも可能性があるアイデアがあれば、それを少しずつでもいいからそれに向かって行動していく。

 

そうすることで可能性の扉が開けてきます。

 

それは、今までの自分にはない新しい可能性かもしれませんね。

f:id:getfuga370:20161205212323j:plain

 

否定の言葉ばかりを発して、不可能に目を向けてしまうことが「悲劇」であれば

少しずつでも前に行動し、可能性の扉を開いていけることが「喜劇」

 

いかなる状況でも可能性にフォーカスして生きていこう。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。