悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

悩んだときこそシンプルに考える

皆さん、こんにちは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

今日も、記事を発信していきますよー。

よろしくお願い致します。

 

1.何かに悩んでいるとき

皆さん、日々の生活で「悩み」ってあるのではないかと思います。

 

悩んだときって、いったい頭の中はどのようになっているでしょうか。

 

結構、いろんなことが頭の中にあって、複雑になっていることが多いと思います。

 

僕もどうしようもなく、悩むことはあります。

 

将来の自分のことだったり

 

今の仕事場での人間関係だったり

 

どちらの選択肢にしようか迷っているとき

 

など、どうしていいかわからないこと、よくあります。

 

もう一つ言える事として、悩んでいるとき相手や環境など周りに答えを求めてしまうということも言えるのではないでしょうか?

 

人に悩みを相談して、その人に答えを求めてしまう時、一件解決しそうに見えますが、

 

それは、友人が理にかなった答えを言っているか否かに関わらず、

 

余計に悩む時間を増やすことも多いのではないかと思います。

 

⒉自分と対話してわかったこと

僕は、以前こんなことがありました。

 

僕が理学療法士になって初めて転職しようか悩んでいたときです。

 

同職種の知り合いから、新しいクリニックを紹介されました。

 

僕は、そのクリニックの見学に行かせていただいたとき「ここで仕事をしてみたいな。」と思いました。しかもそこは、理学療法士の人数が足りないとのことで、すぐに人がほしい状況でした。

でも、その時勤務していた職場で新しい部署に配属になったばかりだったため、僕はすぐにその職場に転職することはしませんでした。

 

そして、時間だけが過ぎてしまい、悩んでしまいました。

 

今、転職したら部署に迷惑をかける

 

高い給料もらっているから、もしかしたら給料減らされるかもしれない

 

その職場の施設長と飲みに行って仲良くなったばかりだし、それで転職するのはなんか悪い気がする

 

僕は、そんなとき、自分の特徴に気がつきました。

 

「なんか、いろんな価値観を混同させすぎている。状況に左右されすぎているな。」

 

僕は、環境や人など周りの状況に影響され、それにより価値観が変動していました。

 

改めて、僕は自分に問いかけました。

 

自分は、どうしたいのか。

 

それにだけ、一点集中して考えたとき、転職するという決断ができました。

 

3.悩んでいるときにこそ、シンプルに考えてみる

初めて転職だったので、決断して職場の同僚や施設長に話をしたときに、何か言われるのではないかという恐怖がありましが、特に何も言われることなく、むしろ応援してくれるような感じで言葉を頂けました。ありがたいことでした。

 

悩みというのは、人それぞれありますし、その人によって深刻度も違います。

 

その中で、僕の転職に関する悩みというのは、小さなものかもしれません。

 

人は何かやりたいことがあって出来ないとき、いろんなフレームで物事を考えてしまいます。

 

お金の問題 「お金がないから。」

 

時間の問題 「時間がないから。」

 

人間関係の問題 「あの人からこんなことを言われるのではないか。」

 

場所の問題 「ここではちょっと無理じゃないか。」

 

そんなことで悩んでいるうちに時間が経ち、また別の問題が出てきて、

結局、何がしたいのかわからなくなってしまいます。

 

そんなときにこそ、自分は何がしたいのか、どうしたいのか、シンプルに考えてみる。

 

そして、それに従って行動する。

 

自分がやりたいことに従って決断して行動したとき、周りから言われることもありましたが、意外と大丈夫でした。

 

逆に、大丈夫と思って、周りの環境に左右されて行動したとき、後になって後悔することが多かったです。

 

周りの環境に左右され、どうしていいかわからなくなってしまうことが「悲劇」

自分の思うことに忠実になり、それに従って行動し、前進することが「喜劇」

 

シンプルに考えるのが一番ですね。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。