読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

欲しいものは意外と周りに転がっている

皆さん、こんばんは。『悲劇を喜劇に変えるブログ』の管理人シマダマサヒロです。

今日も、記事を発信していきますよー。

 

 

1.手がかゆーい!どーしよう

私は、肌が弱い方でして、冬場になると手が乾燥し、逆に夏場は汗疹などで痒くなります。痒くなると、かいてしまい、腫れてしまったり、小さな傷ができるなどの炎症反応を起こしてしまいます。

今朝起きたとき、ものすごく腕を掻き毟った跡があり、しかもかなり痒くで我慢できませんでした。毎朝の日課であるウォーキング、ジョギングを済ませた後も痒さは止まらず、すぐに掻き毟りたい感じでした。

 

病院に行きたいけど、今日は1日仕事だし、しかも土曜日でしたので、病院は大抵午前中しか診療を行っていないところが多く、皮膚科の先生に診てもらえる確率は低い状況でした。

 

近くのドラッグストアで痒み止めの薬を買うしかないのかなとか思っていました。

 

2.意外なところに薬があった

朝のジョギングを終えて自宅に戻り、家のふと本棚を見渡してみると、、、

 

意外なことに、以前僕が皮膚科でもらった使いかけのワセリン軟膏が置いてました。

 

早速、軟膏を塗ってしばらくすると、痒みが治まり、仕事中もほとんど気になることはありませんでした。それどころか、仕事を終えて帰宅するころには、腫れや傷はほとんど見られなくなっていました。

 

もしも、使いかけの軟膏がなかったら、痒みと戦いながら1日を過ごさなければならなかったでしょうね。

 

非常に幸運だなと思いました。

 

3.自分の求めているものは意外と周りに転がっている

上記はほんの小さな出来事ですが、私はこのことを通じて

 

「自分が求めているもの、欲しがっているものって意外と周りに転がっている」

 

と改めて感じました。

 

話は飛躍しますが、現代社会は、生きていくための答えがない時代「見えない大陸」なんて言われたりしますよね。そんなときに、自分がしたいこと、向いていることってなんだろうと考えたりします。

しかし、今までの私もそうでしたが、やりたいことって、探してもなかなか見つからないんですよね。

 

見つからなかった私は、視点を変えて

 

自分の周りに起こっている現象を見渡す

 

ことを考えました。

 

そのやりたいことの一つとして「悲劇を喜劇に変える」ブログを書くことにたどり着きました。

 

朝の痒みの話にしても、もし僕が家の周りを見渡さずに、皮膚科に行くことしか頭になかったら、ワセリン軟膏は見つからなかったのかもしれません。

 

自分がやりたいことって、このワセリン軟膏のように周りに転がっているものかもしれまんね。

 

手が痒くて我慢できないが「悲劇」であれば、

意外にも周りに転がっているワセリン軟膏は「喜劇」

 

1日の悲劇を喜劇に変えることができる。

 

事実は一つだが、解釈は無数にある。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。