読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲劇を喜劇に変えるブログ

日々の生活こそ大きな資産。1日1日良かったことに目を向け、嫌なこと悲しいことも喜びや笑いに変える。そんなこと発信していきます。

『悲劇を喜劇に変えるブログ』発動

皆さん、はじめまして。シマダです。福岡県大牟田市出身で、今は京都市に在住しています。

今日から「悲劇を喜劇に変える」ブログの始まりです。

 

①きっかけ

なぜ、このタイトルでブログを発信していこうと考えたのか。

私は、今まで現場に置かれている自分というものが嫌で、金持ちになりたい、偉くなりたい、安定したい、あの人のようになりたいなど、他人・他に憧れを求めて、人生を歩んできました。

いわゆるなりたいこと、やりたいこと、自分探しというやつです。

しかし、結局それを求めても、何も見つかりませんでした。

 

②自分の置かれている環境・自分がいやだということ

私は自分が置かれている環境がとても嫌でした。

それは、

・自分が福岡の大牟田という田舎で、若者も少なく刺激のない街に住んでいたこと

・自分の仕事は給料も将来そこまで上がらないし、周りからは認められていない

 

③他を求めていた自分

そこで、自分は他に自分にあったものを求めて

・では、都会に出てみよう思い、そうの当時たまたま知り合いがいた、京都に来た。

・その当時やっていた本業の仕事以外にも、イベントの企画や飲食店などもやっみた。

、、、でも、それで自分のやりたいことは満たされませんでした。だから結局長続きはしませんでした。

 

④今の自分の環境を肯定できた

そんなとき、僕は尊敬している方からある言葉を教えていただきました。

それは、

 

「悲劇を喜劇に変える」

 

その言葉を聞いて、僕は今年から自分に与えられた環境を肯定し、自分を認めることに視点を向けるよう心がけてみました。

 

そうすると、

・僕の求めていた新しい職場を紹介する人が現れた。

・収入が少しずつではあるが増えてきた。

・自分が今年掲げた目標を達成できるようになった。

・前向きに生きている知り合いが、徐々に増えるようになってきた。

少しずつではありますが、人生が好転してきています。

 

⑤良いことに目を向けてみる

人は往々にして、今の自分を否定しがちです。他人には言えないコプレックスや、仕事・家族・人間関係に関する悩みを持っていることだと思います。僕もそうでした。

 

1日を振り返ってみても、良かったことよりも、悪かったことを覚えているのではないでしょうか?しかし、思い出してみると、良かったことも結構あるんだなということに気づくと思います。

そして、悪いということも良い面で捉えることもできるのではないのでしょか?

 

このブログでは、主に私の身の周りや世の中に起こっていることなど、「悲劇を喜劇に変える」視点で捉えて発信していきます。

 

事実は一つですが、それを勝手に悪い方向に解釈してしまっているのは自分なので、そこをどう捉えるか、鏡一つで人生が変わってくると思いますので、自分に言い聞かせる意味でも発信してきます。

 

もし、時間があったら読んでみてくださいね。よろしくお願い致します。